So-net無料ブログ作成
検索選択
  1. 無料アクセス解析
メッセージを送る
前の2件 | -

優しいお兄ちゃんと怖~いお兄ちゃん&子猫の名前決定しましたヨ!。 [ペット]

DSCN0590_R.jpg
里親として預かった当日の子猫の写真です。
色々な事が重なった心労で「瞬膜が突出」していました。



DSCN0721_R.jpg
今は心の平穏を取り戻しつつあるのか、綺麗な目になりました。

そして平仮名で「あまぐり君」と名前も決まりました。
これからもよろしくお願いします。


あまぐり君にはお兄ちゃんが2ニャンいます。
優しいお兄ちゃんと怖~いお兄ちゃんです。

DSCN0810_R.jpg
もちろん優しいお兄ちゃんは後ろに写っているツムジくんです。

DSCN0812_R.jpg
「お兄ちゃん、何見ているの?」
「何でもないよ」



DSCN0813_R.jpg
「ねえ、ねえ、何見ているの」
「お山を見ているだけだよ」


DSCN0814_R.jpg
「お兄ちゃん‥」

DSCN0815_R.jpg
さりげなくツムジくんに触っていますね。
あまぐり君ツムジくんが大好きです。


一方、プリッツエル王子 怖~いお兄ちゃんです。
DSCN0788_R.jpg
初対面の時に「フーッ」っと、あまぐり君に威嚇されたのが気に入らなかったようです。

 

知らないお家に連れてこられた恐怖で、つい「フーッ」って僕達やツムジくんにも言っていたけれど、プリッツエル王子にはそれが我慢できなかったみたいです。

こういう時にアマグリ村長がいてくれたら2ニャンの和解も早かったろうにと思ってしまいました。



DSCN0789_R.jpg
「気に入らニャイなー、こいつ」
にらんでいますね~。この後何かが起こる!。




DSCN0796_R.jpg
「ニャーんか、僕をにらんでるみたい」



DSCN0797_R.jpg
「こいつ、生意気ニャロだ!」

この後プリッツエル王子は、キツイ洗礼をあまぐり君に放つのでした。
続きは動画でどうぞ。 



DSCN0733_R.jpg
「あニョ時は、すんご~く怖かったニョ~!」

プリッツエル王子は夜はいつも僕達がいる2階の部屋で寝ていたのに、今ではすっかり「スネ夫」と化しあまぐり君のいる2階には来ません。



で、この状況を一番喜んでいるのは‥。DSCN0288_R.jpg
みよ子お嬢さんです。
何故って?

それは大好きなプリッツエル王子と一日中、一緒に居られるからです。プリッツエル王子を追って僕達の部屋に来る必要もないので、今は家の中でみよ子お嬢さんを見かけることがめっきり少なくなりました。

「完全家庭内野良猫」街道をまっしぐらです。



プリッツエル王子一筋のみよ子お嬢さんの気持ちを表現した曲です。



 

1343118467mvCzU0EXIaY2yyq.gif

                  ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(17)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

鉄猫カトリくん(主演:カトリくん)お母さんはツムジくん?。 [ペット]

鉄腕カトリくん_R.jpg
Photoshop2015.5
僕の名は鉄猫カトリくん
今日も町内をパトロールして
蚊をやっつけているんだよ。 

 



この写真はアマグリ村長の子供の頃の写真?。
DSCN0654_R.jpg
いいえそうではありません。

 

この子はまだ名前の無い3か月の男の子です。

一人暮らしのおばあさんが家の周りにやって来るネコちゃんにご飯を与えていたそうです。でもそのおばあさんが亡くなり、沢山の猫達が残されました。

避妊手術もしていなかったので、やがてネコちゃん達は20匹以上に増えたそうです。

そのおばあさんの息子さんが毎日ご飯を運んでいましたが、僕より高齢のため何時まで続けられるか分からないという事で、ボランティアさんに相談して全てのネコちゃんをできるだけ生かそうと里親を募集する事にしたそうです。

その頃僕はある里親募集記事の事がいつも気になっていました。

「アビシニアン風の男の子」 の里親募集でした。その子は少しアマグリ村長に似ていましたが、募集要項には高齢者不可や三重県限定と有ったので「無理かな」と思っていました。

1カ月経ってもその子の里親が見つかっていないらしく、相変わらず募集記事が載っていました。

「このままこの子が何時までも引き取られなかったらどうなるのだろう」と心配になり思い切って「ブログを見てください」とメールを送ってみました。

すると直ぐにボランティアさんから電話が有りました。しかも以前から僕のブログを見ていたというのでビックリ。

「これだけネコちゃんを大切にしてくれる所だったら」という事で8月14日の日曜日にボランティアさん3人とネコちゃんにご飯を毎日持って行っていた息子さんと4人で三重県から奈良まで片道2時間をかけて子猫を運んできてくれました。 



DSCN0650_R.jpg
我が家に来るまでは、ワクチン注射や血液検査やその他沢山の恐い事が有ったみたいでとてもビクビクしていました。



DSCN0649_R.jpg
でもツムジくんを見ると、駆け寄ってきて泣き続けました。



DSCN0610_R.jpg
最初は戸惑って怒っていたツムジくんもやがて「仕方がないな~」と受け入れるようになりました。



DSCN0618_R.jpg
優しいツムジくんを、まるでお母さんの様に慕っています。



DSCN0661_R.jpg
こんなにゆっくりする事が、きっとなかっただろう。



DSCN0657_R.jpg



DSCN0665_R.jpg
ツムジくんが見えなくなるとニャーニャーと鳴いて探し回ります。



DSCN0668_R.jpg
安心して眠れる側には‥。



DSCN0671_R.jpg
やっぱりツムジくんが居ました。



DSCN0688_R.jpg
遂にはツムジくんが寝ている箱に潜り込んで寝ています。
きっと久しぶりにお母さんの夢を見ているのでしょうネ。



DSCN0388_R.JPG
で、プリッツエル王子はどうしているかと言うと、急に駆け寄ってニャーニャー鳴くこの子にビックリして興奮気味。ほとんど面会に来ません。

そして今はみよ子お嬢さんの所で入り浸り状態です。
まあ、1週間もすれば子分の様に、この子を連れ廻しているかもしれません。


 




 

1343118467mvCzU0EXIaY2yyq.gif

                  ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(17)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の2件 | -