So-net無料ブログ作成

エイトニャン(主演・アマグリ村長)


エイトニャン 

8ニャン.jpg
ハイマンニャンガンスチール製の身体を持ち、走るスピードは時速3,000㎞、耳は超音波をとらえ、暗闇でも見える目を持ち、どんな人物にも変身できる。
私は「エイトニャン」警視庁8番目の刑事だ。

 

1.jpg
「エイトニャン」になった夢を見ているのかな。



2.jpg
それにしても、気持ち良さそうだなー。


 
 
 
 
 
 
 
だが、その平和な時間は「彼」によって、いともたやすく打ち破られるのであった。
 
 
 
 
 
 
 


10.jpg
その「彼」の正体は‥。


 
 
9.jpg
「ツムジくん」だ!。

 



 
3.jpg
「ツムジくん」いきなりタックル。 



  
5.jpg
「アマグリ村長」も反撃するが‥。
  


6.jpg
防戦一方だ!。 


 
 
8.jpg
「ガンバレ!アマグリ村長」
「エイトニャン」になって反撃するんだ!。
  


YouTubeで音楽を楽しもう。のコピー.jpg

「エイトマン」のテーマソング 
歌・克美しげる

  
 『8マン』(エイトマン)は、週刊少年マガジンに1963年5月から連載された漫画、及び同作品を元に1963年11月8日から1964年12月31日までTBS系で全56話が放送されたSFテレビアニメ、およびそれに登場する主人公の名前。漫画版の表記は数字の『8マン』だったが、テレビアニメ版の表記はカタカナの『エイトマン』に変更されている。「wikipedia」より。

実に50年以上前に作られたTVアニメーションです。今のアニメーションのクオリティに比べればかなり見劣りしますが、当時少年であった僕は毎週胸をときめかして見ていたものです。その頃はよくTVアニメーション独特の走り方を真似て走ったなあ‥。アメリカのSF映画「ロボコップ」より20年も前の作品だからこれが元祖でしょうかネ。

過去記事もどうぞ[黒ハート][揺れるハート] 

アボンリー.jpg

赤毛のアンの舞台、プリンスエドワード島でのamaguriの不思議な体験とは…
カナダ・プリンスエドワード島(ルピナスの花とゴースト)

大腸検査.jpg
突然の大量の血便!病院に駆け込んだjyoji-sanの運命は…
特別連載?大腸検査体験記

クマ騒動.jpg
灰色熊の生息地に入り込んでしまったamaguri、果して脱出なるか?。
カナダ、ロッキー山脈のクマ騒動

イタリア娘.jpg
車内で暴れまくるイタリア娘のその訳とは…
マンマミア~。私とイタリア娘の騒動記。

スートルーム.jpg
ローテンブルグのホテルで、母娘がおこした騒動とは…
ドイツローテンブルグ(スートルームガ大洪水!!)

とんがり帽子.jpg
アルベロベッロのトゥルッリで出逢った、おばあさんとのチョット切ないお話。
アルベロベッロのトゥルッリとおばあさん

キャー.jpg
スペインからイタリアへ行く車中で、乗客を狙う泥棒達の暗躍があった。
スペインからイタリアへ(恐怖のコンパトーメント)

すしティチャー.jpg
オーストラリアのレストランにやってきた日本人のスシティーチャーとは…
スシティーチャーがやってきた(オーストラリア編)

青の洞窟.jpg
イタリア、青の洞窟で出会った日本人大好き船頭さん。
イタリア、カプリ島「青の洞窟」と船頭さんとニッポンジーン

スロバキア.jpg
スロバキア国境で繰り広げられるamaguri最大のピンチ!。
泣く子も黙るスロバキア国境警


1343118467mvCzU0EXIaY2yyq.gif

                   ブログランキング・にほんブログ村へ


nice!(23)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

nice! 23

コメント 16

ニッキー

ツムジくん、いきなりの攻撃なんですね^^;
アマグリ村長さんに相手して欲しかったのかなw

by ニッキー (2014-01-20 15:10) 

ゆきち

アマグリ村長、ホントに迷惑そうなお顔ですね^^;
我が家は1ニャンコなので、このようなバトル写真をとても楽しく拝見しております^^
by ゆきち (2014-01-20 21:54) 

プー太の父

エイトマンなんて、もう忘れていましたが
実に懐かしいですね~東京オリンピックより前に
放送開始されていたのですね、あのころ私の故郷では
NHkしか放送されていなかったので
テレビでは観たことがありませんでした。

それにしてもあんな走り方の真似をしたら
すぐに転んでしまいそうです(。´▽`。)
by プー太の父 (2014-01-21 13:34) 

アーレム

 エイトニャンカッコイイですね。これは爆発をかわした瞬間でしょうか?スピード感もすごいです(^^
 昭和のアニソンは名曲がたくさんありますね(^^
by アーレム (2014-01-22 23:08) 

ミラノ

エイトニャンのアマグリ村長、頑張って(=^・^=)
by ミラノ (2014-01-24 15:50) 

ひでぷに

村長は世間を欺く仮の姿だったんですね(^_^;)
ツムジ君、村長を本気にさせたら大変だよぉ~
おイタは程々にね♪

by ひでぷに (2014-01-24 21:56) 

amaguri

ニッキーさんコメントありがとうございます。
最初はツムジくんがアマグリ村長の体を舐めるところから始まります。
村長が「うざい」という態度を取ると急にバトルに発展します。勝率はツムジくん九割九分、アマグリ村長はわずか一分です。
エイトニャンに変身する間もありません。
by amaguri (2014-01-25 00:05) 

amaguri

ゆきちさん、コメントありがとうございます。
アマグリ村長は一日20時間位は寝ています。
その至福の時間を、暇を持て余したツムジくんがぶち壊します。
by amaguri (2014-01-25 00:16) 

amaguri

プー太の父さん、コメントありがとうございます。
僕は大阪日本橋の出身なのでエイトマンも、鉄腕アトムも
リアルタイムで見ることが出来ました。
by amaguri (2014-01-25 00:19) 

amaguri

アーレムさん、コメントありがとうございます。
アーレムさんに褒めてもらえると大変嬉しいです。
アーレムさんの様に、ごまかしの効かない細密画の様な作品ではなく、僕の絵はデジタルでぶれを多用してかなりごまかしています。今回のテーマはスピード感を出すという事だったのでその面では良しとします。
by amaguri (2014-01-25 00:32) 

amaguri

ミラノさん、コメントありがとうございます。
アマグリ村長にとって大変力強い応援ありがとうございます。
村長に代わりましてお礼申し上げます。
村長は勝率わずか1%ですが、ご飯を食べる時はツムジくんの分までたいらげるので、その時は勝率7割は超えているかもしれません。
by amaguri (2014-01-25 00:38) 

amaguri

ひでぷにさん、コメントありがとうございます。
アマグリ村長はツムジくんの超速タックルと横四方固め、ハイキックに卍固めの速攻で、エイトニャンになる暇を与えられません。
「変身さえ出来ればこんな奴!」と悔しがっています。
by amaguri (2014-01-25 00:44) 

のらん

がんばれ、エイトニャン!!!
変身して、アマグリ家の平和を守るのにゃ!!!
・・・って、ツムジくんも、アマグリ家を退屈させないように、
がんばってるんだよね(^_-)
by のらん (2014-01-25 16:35) 

扶侶夢

当時、アメリカで放映する事になって「エイトマン」だと意味が通じないので、警視庁8番目の男という意味で「8th man(エイスマン)」に変えたらしい…そんな話が少年マガジンだったか何か雑誌に載っていたのを覚えています。
by 扶侶夢 (2014-01-25 17:19) 

amaguri

のらんさん、コメントありがとうございます。
アマグリ村長より精神年齢が(我が家ではアマグリ村長は3歳、ツムジくんは2歳となっています)低いツムジくんはアマグリ村長にまとわりつき、煙たがられます。そうなるとツムジくんの暴走が止まりません。ツムジくんと遊べるネコちゃんがいないので、チョット可哀想かなと思います。
by amaguri (2014-01-25 23:55) 

amaguri

扶侶夢さん、コメントありがとうございます。
「エイトマン」も国際的だったんですね。
「鉄腕アトム」は「アストロボーイ」に変わってしまい、
ちょっとイメージが湧きません。
by amaguri (2014-01-26 00:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。