So-net無料ブログ作成

製作を邪魔するニャンコ達。 [ペット]

今回は「アマグリ村の四匹の猫戦士たち」はお休みです。

本人の画力の問題が一番大きいかと思われますが、
このお方達の行動にも少なからず影響が有るかもしれません。



CIMG2287_R.jpg
まず座ろうとすると、すでに机の前の椅子を占拠されています。(*´Д`)

DSCN4062_R.jpg
ニャンコが1匹になったのを見計らい。(=^・^=)

DSCN4137_R.jpg
椅子の前半分をお借りし、やっと着席します。

DSCN4069_R.jpg
すると目の前にツムジくんが机の上のペンタブレットにお座りして、動こうとしません。

DSCN4067_R.jpg
そして至近距離でお見合いが始まります。
この後、抱っこやナデナデのおねだりが始まります。

DSCN4074のコピー_R.jpg
また別の日にはプリッツエル王子が机に座っています。
もうペンタブレットを出すスペースも有りません。

DSCN4143_R.jpg
しかも外が見たいと左横の窓を開けろと言います。
この時期、とても冷たくて強い風がビュンビュン吹いて
4畳の部屋の室温は急激に下り、とても寒くなります。



毎日こんな感じでアマグリ村の猫戦士たちは、画力の無い僕の製作意欲を落ち砕くのでした。

DSCN4088_R.jpg
みよ子お嬢さん「家庭内野良猫」ですので他の3ニャンの様にイラスト製作の邪魔はしません。
みよ子お嬢さん専用のコタツが有る部屋で時々訪ねてくるプリッツエル王子幸せな一時を過ごしておられます。
悲しい事に、この部屋ではみよ子お嬢さんに近づく事は出来ません。(~_~;)

DSCN4095_R.jpg
大好きなプリッツエル王子が側にいても、僕達には警戒を怠りません。






5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

第12話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち。みよ子お嬢さんの近況報告。 [ペット]

ページ1のコピー_R.jpg
次回に続く



当ブログに我が家の「家庭内野良猫」みよ子お嬢さんの登場が少ないので今回は近況報告もかねて、写真や動画をUPしますので見てやってください。

その前にみよ子お嬢さんの事を少し紹介します。
みよ子お嬢さんは我が家の裏山から勝手に入ってきて住み着いた当時生まれて3か月ぐらいの女の子でした。
DSCN8136_R.jpg
赤ちゃんの時に親とはぐれ(死別か迷子)一人で生きてきました。
山には沢山の人達が散歩するついでに野良猫達にエサを置いていきます。が、赤ちゃんのみよ子お嬢さんには大きな大人の野良猫に交じってそのエサにはありつけるのはとても困難でした。
みよ子お嬢さんは仕方なく自分でトカゲやカエルを捕って食べ、命をつないでいました。
我が家に来た時は普通にじゃれるネコちゃんでした。
DSCN8241_R.jpg
でも山でカエルを食べたことにより(マンソン裂頭条虫)という虫がお腹の中に巣食い、きし麺状の虫がお尻の穴から出てきました。
翌日みよ子お嬢さんを連れて獣医さんの所へ行きました。みよ子お嬢さんのお腹の虫は強じんで普通は1回の注射で駆除できるのに5回も注射を繰り返すことになりました。
病院通いでみよ子お嬢さんはすっかり人間不信となりましたが、故アマグリ村長と大好きなプリッツエル王子や優しいツムジくんのおかげでベランダ等で楽しそうに過ごしていました。
DSCN9092のコピー_R.jpg
1歳ぐらいに発情期が来たので避妊手術を受ける事にしました。
他のネコちゃん達とは仲良しでしたが人間には不信感を持っているみよ子お嬢さんは簡単にはキャリーに入ってくれません。
不本意ながら僕達はみよ子お嬢さんを部屋に閉じ込め、追い詰め洗濯ネットに入れて避妊手術を受けさせたのです。
みよ子お嬢さんにとってその時の恐怖は大きなトラウマとなってしまいました。
しばらくは僕達がみよ子お嬢さんに近づくと「シヤー」と威嚇されました。
今は随分と猫が丸くなってきましたが、まだ信用されていないようで近づくと逃げてしまい完全に「家庭内野良猫」になってしまいました。そして完全室内飼いにもかかわらず普段は姿を見る事さえできません。

みよ子お嬢さんとの関係はゆるやかですが、確実に良い方向に向かっていると人間は思っていますが、さてどうでしょうかネ。
DSCN4070_R.jpg
みよ子お嬢さんは何時もこの人間用のホームこたつぬくぬくと毎日過ごされています。

ほぼ1部屋を独占状態であります。
もちろん、お食事やお水は新鮮なものをご用意させていただいております。爪とぎも完備しております。


CIMG2172_R.jpg
みよ子お嬢さんは時々第一監視所の有る縁側に出没されます。
爪を切る事が出来ないので、かなり尖っています。
この鋭い爪で壁紙などを傷付けた事は1度も無く、段ボール製の爪とぎを何時も愛用しています。


CIMG2177_R.jpg
今ではこの場所がみよ子お嬢さんとスキンシップがとれる貴重な場所となっております。動画も撮りましたのでご覧ください。



ナデナデは出来ますが警戒心がとても強く、僕がこのサッシから外に出ると逃げてしまいますし、逆に部屋に入ろうともしません。
避妊手術を受けに行くために部屋に閉じ込められた恐怖が忘れられないのでしょう。(~_~;)
なかなか心を許してくれませんが、気長にスキンシップを計り徐々に誤解を解いていきたいと思います。




ハウルの動く城(メリーゴーランド)




5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

第11話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち [ペット]

コマ1_R.jpg
コマ2修正済み_R.jpg
コマ3_R.jpg
コマ4-2_R.jpg
次回に続く。




CIMG1976_R.jpg
ツムジくんの周りに集まる、
プリッツエル王子あまぐり君


CIMG1987_R.jpg
プリッツエル王子は暖かな日を浴びてお身づくろい中。

CIMG1971_R.jpg
寒いのでネックウォーマーを巻いているツムジくん

CIMG2000_R.jpg
手造りのセーターを掛けてもらって気持ちよく寝る
ツムジくんあまぐり君

CIMG2069_R.jpg
ツムジくんを枕にして寝るあまぐり君

CIMG2075_R.jpg
ツムジくんの側で安心しきって寝るあまぐり君
普段はツムジくんも手を焼くわんぱく坊主のあまぐり君も、寝ている時は天使の様ですネ。(=^^=)







5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

第10話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち [ペット]

1コマ_R.jpg

2コマ_R.jpg

3コマ_R.jpg

4コマ-3_R.jpg
次回に続く。



CIMG1955_R.jpg
布団の下からのぞく足の持ち主は?

CIMG1960_R.jpg
あまぐり君でした。段々と布団が恋しくなる季節ですね。



近くの馬見丘陵公園に行ってきました。

CIMG1901_R.jpg
ダリア園では沢山の種類のダリアが綺麗な花を咲かせていました。

CIMG1878_R.jpg

CIMG1884_R.jpg

CIMG1891_R.jpg

CIMG1896_R.jpg
このダリア園に行ったのは10月19日の雨の日でした。
22日には超大型台風21号の為に防風ネットを張ったものの、相当なダメージを受けたとホームページに載っていました。



(霧雨で見えない)麗美




5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(21)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

第9話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち [ペット]

隕石 複数_R.jpg

カット1_R.jpg

カット3_R.jpg

カット4_R.jpg

カット5_R.jpg

次回に続く。



今回は我が家のネコちゃん「へそ天」特集です。
CIMG1807_R.jpg
最初は年長のツムジくんです。
こんなにねじれて痛くないのでしょうか?。


CIMG1806_R.jpg
股関節、大丈夫か?。

CIMG1645_R.jpg
次はプリッツエル王子です。
足の間からのぞくシッポがキュートです。


DSCN3756_R.jpg
次はあまぐり君です。
我が家に来た時は凄く怯えていたのに、今では一番の悪ガキになってしまいました。

CIMG1613_R.jpg
最後はみよ子お嬢さんです。
‥が「家庭内野良猫」のためへそ天はいまだに見せてくれません。



みよ子お嬢さん似の黒猫ちゃんが出演している、クロネコヤマトのCMです。




5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(19)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

第8話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち [ペット]

1カット_R.jpg

カット2_R.jpg

カット6_R.jpg

隕石大_R.jpg
次回に続く



壁を垂直に駆け上がる忍者猫?。

DSCN3860_R.jpg
忍者猫の正体は?。

DSCN38601_R.jpg
壁にもたれて寝ているあまぐり君でした。

DSCN3913_R.jpg
何時もへそ天で寝るあまぐり君はまるで‥。

DSCN3915_R.jpg
ラッコの様です。

DSCN3919_R.jpg
ツムジくんは只今、僕の椅子を占拠中。

CIMG1640_R.jpg
箱からはみ出て爆睡中のプリッツエル王子

DSCN3983_R.jpg
納屋の上の個室でくつろぐ、みよ子お嬢さん
最近はこうして何時も目につく所にいます。


DSCN3991_R.jpg
今はグルーミングが大好きになりました。
でもその時以外はとても警戒心が強いので、お膝の上に乗ってくれるのはまだ何年もかかりそうです。
「家庭内野良猫」は継続中。






5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

第7話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち & みよ子お嬢さんとスキンシップ [ペット]

光球7_R.jpg
光球3_R.jpg
光球2_R.jpg
光球4_R.jpg
光球6_R.jpg
次回に続く。



お腹の虫下しや避妊手術ですっかり人間不信になった
「家庭内野良猫」みよ子お嬢さんを見かける事は少なく、完全室内飼いなのに何処に雲隠れしているかも分からず、1週間以上見かけないのは日常茶飯事。
CIMG1170_R.jpg
そんなみよ子お嬢さんでも我が家の家族。
毎日姿は見ないけれど、ご飯やお水やトイレの掃除をしていたある日、1畳半ほどのみよ子お嬢さんの隠れ家で久しぶりに彼女を見かけたので、以前プリッツエル王子が大好きだった網戸の網を止めるゴム紐でチョット遊んでみました。
CIMG1020_R.jpg
みよ子お嬢さんのお気に召したのか、かなり楽しそうでした。
その様子の動画です。



普段はみよ子お嬢さん近づく事も触る事も出来ないのに、大胆にもブラシでグルーミングをしてみました。

これもかなり気に入ったのか、最近では毎日のようにしています。

僕が仕事に行っている間にそんなみよ子お嬢さんにとても大きな変化があったそうです。

それは昨日みよ子お嬢さんamaguriさんのヒザの上に乗ってきて抱っこもさせたそうです

うらやましい。
2年近くにおよんだみよ子お嬢さんの人間不信の雪解けも近いかもしれません。
やっぱり、みよ子お嬢さんだって一猫ぽっちじゃあ寂しいのでしょうね。さあ明日もみよ子お嬢さんスキンシップ、がんばろうっと。(=^^=)







5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

第6話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち [ペット]

ネコ太郎1_R.jpg

ネコ太郎2_R.jpg

ネコ太郎5_R.jpg

名称未設定 7_R.jpg




タヌキのお母さんが子供を沢山連れて
山から下りてきました。



DSCN3767_R.jpg






一方我が家のタヌキ、プリッツエル王子は。
DSCN3691_R.jpg
気持ち良さそうに。

DSCN3688_R.jpg
へそ天で寝ています。

CIMG1516_R.jpg
何処でもへそ天で寝ているアマグリ君は。

CIMG1392_R.jpg
快眠、快便でムカデに咬まれた影響も全く無し。

CIMG1394_R.jpg
イスの手すりにあごをを乗せて寝ているツムジくんは。

DSCN3655_R.jpg
パソコン机の前の椅子に絡まって寝るので、座っている時は気を付けないといけません。
DSCN3733_R.jpg
机の上で「絶対どかないぞ」と固い意志を感じるので。

DSCN3742_R.jpg
座布団を一枚お持ち致しました。(=^^=)






5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(18)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「悪ガキあまぐり君、ムカデ?に咬まれる」の巻き [ペット]

今回は「アマグリ村の四匹の猫戦士」はお休みです。

今日は去年の8月に生後3か月で里親として預かった「あまぐり君」の近況報告です。
CIMG1505_R.jpg
見るも無残な姿の障子。
ここまで見事に破った犯猫は?。

CIMG1494_R.jpg
そう、我が家の悪ガキあまぐり君です。

CIMG1485_R.jpg
障子に飛び乗り。

CIMG1486_R.jpg
上腕二頭筋に力を込め。

CIMG1488_R.jpg
足を踏ん張り身体を持ち上げ。

CIMG1489_R.jpg
反対側に「コンニチワ」

CIMG1490_R.jpg
そして大きく開けた穴を通って着地。
それを何回も繰り返すので障子はボロボロです。
我が家でこんな事をするのはアマグリ君だけです。


DSCN3728_R.jpg
一通り暴れた後は怖~いお兄ちゃんのプリッツエル王子をしり目に。

DSCN3725_R.jpg
後で暴れるエネルギーを充電する為に。

CIMG1378_R.jpg
へそ天で爆睡します。



そんなあまぐり君にも「我が家警備隊」の新人隊員としての厳しい日課が有ります。

DSCN3632_R.jpg
ライトアップされたお庭がある第1監視所での夜間監視業務です。

DSCN3630_R.jpg
何を監視しているかは分かりませんが、まじめにやっているようです。

DSCN3634_R.jpg
暗闇に目を光らせ。

DSCN3633_R.jpg
怪しい動きには敏感に反応します。

そんなある日の朝。amaguriさんあまぐり君のある変化に気が付きました。CIMG1558_R.jpg
あまぐり君の鼻が大きくなってない?」

CIMG1567_R.jpg
そういえば何時もより鼻が大きく見える。

DSCN1505_R.jpg
普段はこんなにハンサムボーイなのに。

CIMG1568_R.jpg
おでこにも腫れが広がり、目も大きく開けられないらしく何時もの悪ガキあまぐり君にしては迫力が無い。
どうやらじっと、痛みに耐えている様子。

CIMG1582_R.jpg
ほっぺたも腫れてきて、往年の名優「宍戸錠」にも似て来たゾ

DSCN3779_R.jpg
蜂かとも思ったが傷口からすると、どうやら鼻を
「ムカデ」に咬まれたようだ。
お医者さんは夕方5時にしか開かない「困ったな」と思っていたらわずか半日
猫のスーパー治癒を目の当たりにしてビックリ

人間だったら1週間は痛みで苦しむのに、アマグリ君わずか半日で腫れが引き始め。

DSCN3784_R.jpg
次の朝は腫れたほっぺたはご覧の様にスッキリ

DSCN3791_R.jpg
腫れたおでこと鼻のラインもスッキリ、すっかり元のハンサムボーイになりました。(=^^=)

でも油断は禁物、ムカデや蜂の毒は「アナフィラキシーショック」を起こしかねないので十分注意が必要ですが、アマグリ君に学習能力が有る事を願うばかりです。悪ガキだからな~無理かな~。








5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

第5話 ネコ太郎・アマグリ村の猫戦士たち「ツムジ登場」の巻き [ペット]

1ページ_R.jpg

2ページ_R.jpg




今回は我が家で1番の古株
ツムジくんのお話です。




CIMG0977_R.jpg
          お昼寝タイムのツムジくん

ツムジくん東京都世田谷区生まれの野良猫でした。
東京で機械体操のコーチをしていた僕の次男が住んでいるアパートに頻繁に来るようになり、自然に飼われるようになりました。

その家には既に先住ネコがいました。
それが前回紹介した初代のアマグリ君でした。
IMG_034_R.jpg
            初代アマグリ君

そのアパートはコーチとして勤めていた体操クラブの寮として使用していたのでネコを飼う事は内緒でしたが、ツムジくんが大きな声で鳴いたり、アマグリ君と暴れたりするので、近所迷惑も考えアマグリ君を我が家に引き取る事にしました。

ツムジくんはアパートでは息子が仕事中には外で過ごしていたようですが、ある日全身傷だらけでひん死の状態で息子のアパートに帰ってきました。

息子は血だらけのツムジくんを抱きかかえ近所の獣医さんに駆け込みました。
先生の話で複数の猫に襲われたようだとと分かりましたが、治療費が10数万円かかると告げられ途方に暮れました。
銭湯の浴槽洗いのアルバイト代を全て出しても足りません。思い悩んだ息子は僕の所に「お金を貸してほしい」と電話してきました。

我が家では息子が赤ん坊のころから猫がいましたが、1回も虐めたりせず優しく育ってくれました。

ツムジくんは何とか一命をとりとめ日に日に元気になりましたが、発情期も有りアパートで飼い続ける事が難しくなってきたようです。

帰省のついでにツムジくんを連れて息子が帰ってきました。
帰りは高速バスで帰るという息子に僕は「高速バスで猫を連れて帰るのは、大変だな」と心配して聞くと「ツムジくんは置いていくので、よろしくお願いします」と言われビックリ。

寮では猫を飼い続けるのは無理か?そう納得して預かる事にしました。

沢山の猫に襲われたのが原因だろうか?ツムジくん超ビビリでした。やがて息子も東京に帰ってしまい、とても心細いツムジくんホームこたつに入ったまま何日も泣き続けました。

発情期も来ていたので早々に去勢手術もしました。

それに東京で一緒に暮らしていたアマグリ君もいたことで随分とリラックス出来るようになったみたいです。そのアマグリ君も1年も経たずに病気で天国に行ってしまいツムジくんはとても寂しそうでした。

そんな我が家に新しい仲間がやって来ました。
それがアマグリ村長です。
DSCN3528_R.jpg
            2代目アマグリ村長

当時何匹もの先住ネコがいましたが、ツムジくんアマグリ村長はとても気が合ったみたいで何時も一緒にいました。超ビビリツムジくんが生意気になれるのはアマグリ村長だけでした。
DSCN2422_R.jpg
       アマグリ村長にハイキックを放つツムジくん

DSCN2417_R.jpg
         アマグリ村長を踏みつけるツムジくん

8年間、そんなツムジくんのわがままを許してくれていた優しいアマグリ村長糖尿病で天国に行ってしまいました。

初代のアマグリ君、2代目のアマグリ村長と暮らし、新しく我が家にやって来たあまぐり君とで実に3代に渡って猫生を共に送っているツムジくんです。
CIMG1375_R.jpg
          無防備に寝る3代目あまぐり君

今まで超ビビリだと思っていたツムジくんアマグリ村の外から侵入してきた自分よりはるかに大きな黒猫を追い掛け回し撃退した勇姿を見ると、東京で複数の猫に襲われた時も、逃げる事無く正々堂々と立ち向かって傷つき倒れたのかもしれない、そう思う時も有ります。

ツムジくんは普段は超ビビリでも、いざとなればみんなの為に戦う、そんな静かな戦士なのです。
H9.26 078_R.jpg






5ニャンブログタイトル3_R.jpg

下のボタンを押してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット