So-net無料ブログ作成
海外旅行 ブログトップ

ローテンブルク(スイートルームが大洪水!!) [海外旅行]

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ  ブログランキングに参加中。チョンチョンとクリックをお願いします。
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 


2000年12月クリスマス

ドイツのローテンブルク、ロマンティクホテルMARKUSTURMでの出来事。我々旅なかま7人は、部屋に居たいと言う親子2人を残してレストランに出かけた。

深夜12時ちかく、意気揚々とホテルに帰ってきた私たちの前に立ちはだかっていたのは、このホテルのオーナーだった。彼は眉間にしわを寄せ、額に汗をかき眼光鋭く私たちを睨みつけ、こう言った。「あなた達のお友達が我がホテルに大変なミスを犯されました」

「ミス?」

私たちは、何事が起こったのかと、怒りをあらわに部屋に案内するオーナーの後をついて行くとそこには、泣きながら途方にくれる母親とその母親を責める娘と、その足元の高級そうなじゅうたんの上を小川の様に流れる水が目に入った。

私たちは「ヤバイ!」と思った。 その母親は泣きながら「お風呂の床がタイル張りやったから外で洗うてもエエと思とってん」

実は、ヨーロッパの多くのホテルが日本と違って、バスタブがじゅうたんの上に直に置かれたり、タイルが張ってあっても外で体を洗う事は、まず出来ない事を彼女は知らなかったそうだ。おまけに、この部屋のバスルームは、旅慣れた日本人でも勘違いしそうなほど広く おおよそ6畳の総タイル張りで、当然溢れるほどお湯を張っても、外でシャワーを使ってもいい様な気がした。

ただ日本と違うのは排水口も無ければ、隣の部屋との仕切りも無い。そんな事情も知らず彼女は、溢れんばかりのお風呂に浸かり、その体や髪をバスタブの外で洗いシャワーを浴びたそうだ。

流れる水の上に立ちすくみ、これから先どうなるのだろうと思っている私たちにさらに過酷な現実が、怒りの冷めやらぬオーナーによって突きつけられた。

オーナーはこの部屋の両隣、さらには、下の部屋を見せた。築400年のホテルにふさわしい、高級そうな家具や当時のままの暖炉にしたたる。さらに、壁につたわる水!水!水!

「本当にヤバイ」「いくら請求されるのだろう」もう頭は真っ白、目の前は真っ暗。オーナーに言われるままに、私たちは借りた雑巾で部屋中の水を吸い取った。こまねずみの様にふきまくる、そんな私たちの一生懸命さに心打たれたのか一切のおとがめも無くその日は過ぎた。しかし出発の日「また来ます」と言う私たちの挨拶にオーナーの返事は無かった。ごめんね、オーナー。


nice!(28)  コメント(13)  トラックバック(6) 
共通テーマ:旅行
海外旅行 ブログトップ