So-net無料ブログ作成

プッちゃんが天国へ行きました。 [オリジナルイラスト]

7月25日午後7時45分。

わが家で最後の年老いたネコ「プッちゃん」が天国に行きました。
約19年、僕達と苦楽を共にしてきたオスのネコちゃんです。

プッちゃん.jpg 

「プッちゃん」が若い時、膀胱結石で最初に行った獣医の不適切な処置のため尿道を傷められてしまい死にそうになりましたが、次の獣医さんの処で生死をかけた大手術のすえ一命をとりとめました。

「プッちゃん」には他に兄弟の「マーくん」「デコくん」がいましたが、この半年の間に2匹とも老衰で亡くなりました。

「プッちゃん」はとても食欲旺盛で、赤ちゃんの時から他の大きなネコちゃんに混じってご飯を食べていましたが、3兄弟の中では一番小柄でした。
身体は小さいけれど気が強く、わが家で一番凶暴な「デコくん」と互角の勝負をしていました。

「プッちゃん」はとてもおしゃべりで、よく僕たちの話し相手になってくれました。文句もよく言うので「文句たれ」とも呼ばれていました。

 「プッちゃん」は人間の食べるものはほとんど食べます。僕たちが食事をする時は必ずやってきて”ニャーニャー”と鳴いて「僕にもそれ、ちょうだい」とさいそくします。だからわが家では「くれくれ坊主」と呼ばれていました。

 

その食欲旺盛な「プッちゃん」がここ何日か食欲がありませんでした。亡くなる前日から急に容態が悪化歩くことも出来なくなりました。口を開け舌を出しゼーゼーと呼吸が荒くなりました。僕達はタオルを敷いた箱に「プッちゃん」を寝かせ身体をずっと交代でさすってあげました。

「今日明日が山だろう」それは容易に判断がつきました。

次の日呼吸も安定し静かに寝ていました。でも意識はありません。
時々前足で箱の内側を”シャッシャッ”とこするような動作を何回もします。
きっと夢の中で、おもいっきり走り回っているのだろうとその時僕は思いました。

走るプッちゃん.jpg 

亡くなる1時間ほど前から呼吸を”ハッ” ”ハッ”と10数秒に1回するようになってきました。それはとても静かでした。

そして命の灯火が静かに、静かに消えていきました。

苦しまず天寿を全うした「プッちゃん」でした。 

プリッツエル君(男の子)

チンチラシルバーのお父さん(デコ)と雑種の白猫(ミッフィ)の子供(もう、おじいさんです)
父親の血統書の名前を継いでプリッツエルと名乗っている。
普段は「プッちゃん」と呼ばれているが悪い事をしたり他のネコちゃんをいじめたりすると「プー!」とか「プツ男!」と呼ばれる。
体は小さいが気が強く喧嘩の実力はデコ君と互角に渡り合えるが、キレル分デコ君に分があるようだ
デコ君マー君3兄弟。
長い期間3兄弟でjyoji-sanの部屋で隔離されていたが、反省の色も濃く他のネコちゃんとも、うまく付き合えるようになってきたのでここ2~3年は隔離生活ともお別れした。
しかし最近私達が出かけている時、お母さんのミッフィに怪我を負わすほどに暴れたので、再び隔離生活に戻るがよっぽどデコ君が嫌らしく必死で「ここはいやだー」と言うので、私達が居る間は開放して出かける間は信用できないので隔離する事にした。

HIMG0022.jpg
           謹慎も解かれて良かった」

HIMG0047.jpg
             「これでゆっくり寝れるな」

HIMG0099.jpg
            「でも反省なんかしてないよー」

HIMG0058.jpg
       「また誰かをこのネコパンチでいじめてやるぞ」

名称未設定 2.jpg 
                 「へへーん」

名称未設定 1.jpg
でもプッちゃんは横に居るウイルマばさあさんには頭が上がりません。何故って?
それは育児放棄の不良ママのミッフィに代わって大切に育ててもらったからです。


 

1343118467mvCzU0EXIaY2yyq.gif
                                                     ブログランキング・にほんブログ村へ

  過去記事もどうぞ
[わーい(嬉しい顔)] マンマミア~。私とイタリア娘の騒動記
[わーい(嬉しい顔)] 特別連載?僕の大腸検査体験記
[わーい(嬉しい顔)] スシティーチャーがやってきた(オーストラリア編)
[わーい(嬉しい顔)] 泣く子も黙るスロバキア国境警備隊
[わーい(嬉しい顔)] スイートルームが大洪水!!
[わーい(嬉しい顔)] カナダ、ロッキー山脈のクマ騒動
[わーい(嬉しい顔)] 恐怖のコンパートメント(スペインからイタリアへ)

 


コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 29

ぴーすけ君

心からご冥福をお祈りします。
by ぴーすけ君 (2012-07-27 20:23) 

アルマ

何と言っていいのか・・・御冥福をお祈りいたします。
天国で暴れまわっているのかな?

by アルマ (2012-07-28 03:02) 

hirochiki

プッちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
今頃は、天国でマーくん、デコくんと仲良くしていることでしょう。
by hirochiki (2012-07-28 07:03) 

ミモザ


お久しぶりでした。
プッちゃんは、うちの18歳のク~と一週間違いで天国へ
いってしまったのですね。
心からお悔やみ申し上げます。淋しいものですね。
by ミモザ (2012-07-28 08:02) 

miffy

心から御冥福をお祈りいたします
今頃、空の上でみんなで仲良く遊んでるのでしょうね。
by miffy (2012-07-28 11:32) 

のらん

プリッツェルくん、幸せな猫生を過ごされたのですね。
お空の上で、また元気に暴れていらっしゃるでしょうね。
by のらん (2012-07-28 11:36) 

ソノ日暮

プッちゃん、よぅ頑張りましたね!
心からご冥福をおいのりします。
by ソノ日暮 (2012-07-28 14:09) 

rtfk

ご冥福をお祈りします。。。。。。。。

by rtfk (2012-07-28 15:04) 

よいこ

nice!&ご訪問ありがとうございました。
はじめよらせて頂いたら、猫ちゃんが亡くなったということで、言葉もありません。
ただ私はこれまでペットと10年以上一緒に過ごせたことがないので、19歳は大往生だと思いました。
by よいこ (2012-07-28 20:15) 

ひでぷに

はじめまして。
ご来訪&nice!ありがとうございます。

プッちゃん、飼い主さんに付き添われて惜しまれながら天寿を全うしたなんて、幸せな猫生だったんじゃないかと思います。
ただただご冥福をお祈り致します。
by ひでぷに (2012-07-28 20:41) 

m6324

お別れは悲しいです。
心からご冥福をお祈りいたします。
by m6324 (2012-07-28 23:44) 

ニッキー

ご訪問&niceありがとうございました。
にゃんことの別れはとても悲しいですが、ぷっちゃんは最後まで家族皆に交代でナデナデしてもらって幸せだったと思います。
きっと元気に虹の橋の向こうで走りまわってますね。
ぷっちゃんのご冥福をお祈りいたします。
by ニッキー (2012-07-29 01:02) 

えのみ

ご訪問&nice!ありがとうございました。
19歳とは長生きですね。
心からご冥福をお祈りいたします。
by えのみ (2012-07-29 03:08) 

土芽

心からご冥福をお祈りいたします。
by 土芽 (2012-07-29 07:41) 

こいちゃん

心よりお悔やみ申し上げます
故りんごさんが17歳だったのでもっと長生きできたんですね
今は元気に虹の橋を走ってみんなと遊んでるでしょう
by こいちゃん (2012-07-29 09:42) 

olegon

好きな人の近くでいつもいっしょにいます。。。
笑顔でいつも通りの家族の会話があり
いつも心に思っている事。。。
“彼”が一番望んでいる事なのかと・・・思います。。。

by olegon (2012-07-29 16:08) 

岩崎ナギ

走り回っている夢を最後まで見ていた、
というのに心を打たれました。
苦しみの少ない最後でしたね。
by 岩崎ナギ (2012-07-30 07:29) 

ナツパパ

ご冥福をお祈りいたします。
by ナツパパ (2012-07-31 17:42) 

しばちゃん2cv

ご冥福をお祈りします。
by しばちゃん2cv (2012-07-31 21:42) 

てんてん

心よりご冥福をお祈りいたします。
by てんてん (2012-08-01 06:13) 

toshi

ご冥福をお祈りいたします。
by toshi (2012-08-01 06:27) 

yhiga-siura

お悔み遅くなりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
by yhiga-siura (2012-08-01 19:59) 

shirohune

初めまして、ご訪問&niceありがとうございます。

そして心よりご冥福お祈りいたします。
by shirohune (2012-08-01 21:04) 

ふぢたしょうこ

心からお悔やみ申し上げます。
19年、幸せだったと思います。
by ふぢたしょうこ (2012-08-02 11:58) 

きのまさふみ

長生きしましたね。
最期は飼い主に見守られ、安心できたのではないでしょうか。

by きのまさふみ (2012-08-03 01:49) 

マユリィ

プッちゃん・・・心よりお悔やみ申し上げます。
長寿猫さんの最期を しっかりと、看取られた様子が察せられます。
猫を飼っていると、猫さんの最期を看取る・・・
心の準備と覚悟は、してますが、
それでも、やはり、そのことを考えるのは、せつないですね。
by マユリィ (2012-08-03 12:18) 

emi

子猫だった頃のプッちゃん。全然おじいちゃんには見えないけど
おじいちゃんになったプッちゃん。
いつの写真も幸せそうに見えます。
19歳。長生きしたね。

寂しいけど少しの間のお別れ。また会えると信じています。

by emi (2012-08-04 16:07) 

扶侶夢

切ないですね。
でも幸せだったのでしょうね、きっと。

こうやって思い出を残してもらえてよかったね、ブッちゃん。
by 扶侶夢 (2012-08-23 18:10) 

ささ

猫ちゃんの方が先に逝ってしまう覚悟があっても、
辛いですよね。
ご冥福をお祈りします。
by ささ (2012-08-30 08:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。